本文へ

尾崎国子先生 インタビュー 

この度7月のインスタライブ が中止となりましたが、尾崎先生よりキット作品のお話や、年内展覧会のお話など伺って参りました!



「ヒンデローペン 」のスタイル

ヒンデローペン(Hindeloopen)は、オランダ北部のアイセル湖に面した漁師の町の名前。静かな運河、家々の朱色の屋根、はね橋、教会などが形作る、まるで童話の世界の様な佇まいに魅了される素敵な所です。

この町で産出されている伝統工芸品ヒンデローペンは、木製の家具や小物に、赤・紺・緑などの地色に、花や鳥、スクロールを描くスタイルが特徴です。

世界のトールペイントページをご覧ください。



尾崎国子先生へお話を伺いました。

− この度ご制作いただいたキット作品のモチーフと、ヒンデローペンのルーツについてお話を伺わせてください。
尾崎 ヒンデローペンはオランダの港町ヒンデローペンの伝統工芸です。
伝統的なモチーフと色、デザインの構成に沿って、スタイルの基準を大切に、定められた規則に執着したスタイルに仕上げました。伝統的な地色を使い、ベースの色、影と光で仕上げます。

ヒンデローペンはオランダの北部に位置し、17世紀頃、オランダは黄金期を迎え、東インド会社の船で世界中の交易を通じ、いろいろな物品や文化がヒンデローペンに独特な文化を作り上げていきました。発祥は家具や船を飾る木彫りで、それらが彩色されるようになり、家具ペイントとなりました。最初はオリジナル彫刻のモチーフに基づき描かれました。 その後、ハッテンガー氏により、より明るい色を使い、非対称的なデザインで華やな手法を確立しました。

− 先生のお好きなモチーフもお聞かせください!
尾崎 すべて好きです。モチーフにはそれぞれ歴史的な意味合いを持ちますので、それらを組 み合わせて、心の思いを表現できるヒンデローペンに魅せられています。

− キット作品では、「ハッテンガースタイル」と「イミテーションゴールド」の技法が使われておりますが、例えば特別な場所に飾るものや、贈り物にする作品に適した技法など、ヒンデローペン はスタイルによって役割があるのでしょうか。
尾崎 昔は贈り物としてヒンデローペンを家具や小物やランドセルなどに描きました。
特に贈り物としてランドセルに描かれたガルーダ(神の鳥)は子供の安全を願った贈り物でした。又、オフホワイトを地色に描かれたポーセリング手法は婚礼用、赤色は肉、白はミルク、黄色はパンなどの意味合いを持ち、生活に困らないようにとの意味合いがありました。

また、暗い紺地に濃淡をつけるスリーテントテクニック技法は喪に服しているときの贈り物でした。”フリーハンドで時代により独自の違ったスタイル、手法が発見されましたが、個性的なスタイルと伝統テクニックの解釈の合体により、今も尚、正しく伝統的な形に添っ て受け継がれています。

− 11月開催 Heart Art in Tokyo 2021でのテーマや、作品に込められた先生の想いをお聞かせください。
尾崎 テーマはありません。ヒンデローペンで、それぞれアトリエの方が何を表現したいかが テーマです。人々が願うこと、自身が願うこと、思いやり等々、自由です。

自分のテーマは「東北震災に思いを寄せて」ですので、震災から11年が過ぎますが、亡くなられた方に対しての鎮魂の思いを描いてまいりました。
伝統的なモチーフの持つ意味合いを大切に心の中を表現しています。

ヒンデローペンアトリエ尾崎国子

-展示会情報

Heart Art in TOKYO
Heart Art in Tokyo 2021 (主催:Heart Art Communication)
11月26日(金)~12月6日(月)
国立新美術館
場所:〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

開催時間:10:00-18:00
※入場は閉館の30分前まで。
※美術団体によって、観覧時間が異なる場合がありますので、 公募展のページをご覧ください。

定休日:毎週火曜日(祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)
年末年始(2021年12月21日(火)-2022年1月11日(火)

尾崎国子
1992年オランダ在住中にヒンデローペンに出会い、画法を学ぶ。ポルトガルでレッスンを開始、帰国後、四日市市でヒンデローペンアトリエを主宰。その後も、数多くの賞を受賞。2007年日蘭芸術交流展にて、日蘭芸術交流貢献作家賞を受賞。第11回ソレンユトールコンテストで銀賞、第15回ではグランプリ受賞。 2015年ミレー友好協会フランス支部で優秀賞、2018年大阪市長賞
ホームページ http://ozaki-hindeloopen.com
2021年11月26日(金)~12月6日(月) まで国立新美術館にて Heart Art in TOKYO 尾崎国子のヒンデローペン アトリエ展を開催



尾崎国子先生関連商品 好評発売中


_footer(); ?>