本文へ

川島詠子先生の動画をご紹介

川島詠子先生のトールペイントのデザインブック「Chambre de fleures~花いっぱいの部屋~」が、好評発売中です! (作品写真・描き方・図案が掲載されています)

「Rouge Plate」

この本の6ページに収録されている「Rouge Plate」の作品を、川島詠子先生に描いていただきました。動画は16分38秒ありますが、ぜひ、バラの描き方をご覧ください~

動画はこちら

バラの描き方動画 / 制作:川島詠子

・・・いかがでしたか?
とても詳しく解説していただきました。
ぜひ、初めての方も挑戦してみてください!!

新刊「Chambre de fleurs~花いっぱいの部屋~」をお届けできるまで  by 川島詠子

わたしの作品制作は花の写真を集めることからはじまります。
図鑑やウェブサイトから気になった花の写真をちょっとお借りして…
大きくプリントアウトしアトリエの壁あちらこちらに貼ります。

すこしずつ、お花畑が広がっていきます

     

段々イメージが見えてきて・・・

部屋は花で埋め尽くされ、「ときめきの空間」」が出来上がり。
目に飛び込んでくる色彩や形はインスピレーションを刺激し、 デザインのイメージを何倍にも膨らませてくれます。
こもりきりで描いていきます。
今回は20点ほど新作を描きました。
あっという間に1ヶ月が過ぎていました。

撮影の前日。
お花屋さんを巡り、撮影シーンを想像しながら、 作品に合った花材を一本一本選びます。
最高に幸せな時間です。

素敵なお花がたくさん

そして、いよいよ撮影日。
おしゃれなスタジオで、 作品はどこに置いても「いい感じ」…

フレンチシャビーな空間

光の具合とか構図も考えながら・・・

     

大好きな世界観を表現するため妥協せず、みなさんと相談しながら、 何度も微調整し、スタイリングを完成していきます。

撮影はいつもドキドキの連続!

撮影が無事に終了

あとは編集さんやデザイナーの皆様にインストラクションや図案などを渡し、 細かな作業に入ります。

カメラマンに素敵に撮ってもらった写真は 最後に色を確認して…

色合いが一番悩ましいところ、、

本の出来上がりを祈るように待ちます…

そして、携わってくださったみなさんの努力とセンスの結晶が出来上がりました。

今回の本を制作している期間、新型のウィルスで世界が一変しました。
発表の場だったイベントもなくなり、外出自粛の中、「外出せず、家で手芸をする」そのことが誰かの命を救うことになる。こんなことは今まで想像もつきませんでした。
困難な状況でもおうち時間を楽しめるように、それらのサプライを販売してくださる クラフトのメーカーさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
この新刊も「おうち時間」のお役に立てれば、 こんなにうれしいことはありません。

ぜひどうぞ あなたらしい花を部屋いっぱいに咲かせてみてください。

川島詠子 / Eiko Kawashima

<プロフィール>
美大卒業後、ニューヨークに留学、トールペイントと出合う。
帰国後、花で暮らしを彩るレ・フルール・ド・カワシマ を主宰著書『トールペイントのアイデアギフト』『花の図案集105』『花のデザイン帖』(以上、日本ヴォーグ社)、『フレンチシックな花雑貨』『Le jardin de roses ~バラの咲く庭』(以上、サン-ケイ)クレイクチュール本部講師 。

ご注文はこちらまで

この書籍、使用素材やメディウムなどもご紹介しています。
ご注文は 銀座ソレイユ ネットショップ まで